2013年12月19日木曜日

今話題の【マシュマロ女子】とは?由来と意味

世間ではマシュマロ女子というものがなにやら持て囃されているらしい。

なんともスウィーティーで、ふわふわしてて思わず食べたくなっちゃいそうなネーミングでさすがのぼくも期待せざるを得ない・・・

そこで検索してみた。

*マシュマロ女子とは?

ぽっちゃり専門誌「la farfa」という雑誌から生まれた言葉。
どうやらそこの専属の有名なモデルさんが言い出したらしい・・・

ふくよかな女性、肉付きがいいけど可愛い感じの女の子をそう呼ぶらしい。

ユースケースとしては
JK「あのさ〜、柳原加奈子とかってめっちゃマシュマロ系じゃない?」
というところだろうか?

最初に言い出したというのが・・・


この、後藤聖菜さんだ。19歳だそうだ。158cm、85kg。
甘甘×セクシー担当だそうだ。

なるほど・・・なるほど!


また肉食系女子よろしく、何かしらのコンプレックスやカテゴライズされる女史達に明るい印象を持たせるブランディングをして「イケてる」感をださせるやつですね・・・

言葉のインパクトの割に盛り上がってるけど、肉食系女子並みのバズワードにはなれるのか?マシュマロ系女子から、ふがし系男子とか、ハリボ系女子とか派生ワードが盛り上がるレベルまで成長できるのか?

今後も注目していきたい・・・


あ、ぼくてきには結構好きです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ShareThis