2014年1月1日水曜日

【2013年の話】エンジニアのハコ

あけましておめでとうございます。
今後ともよろしく御願いいたします。

2013年はぼくにとっては、人生における大きな分岐点をいくつも乗り越えた、自叙伝を出すなら間違いなく一番盛り上がるであろう年でした。

2012年はというと、始めてアプリをリリースしたり、インターンに参加したり、プログラミングでお金を貰ったり、ハッカソンで賞を取ったりして非常にエキサイティングな一年でしたがそれでもまだ自分はエンジニアじゃないと思ってました。

というのも、自分のスキルがどれくらいのもので、何ができるやつなのかいまいちよくわからなかったんですよ。それでもなぜかアプリ出せたり、インターンの面接受かったり賞取れたりしてなぜか結果だけ出てて、その成功要因がいまいちわからないブラックボックス状態だったんです。

なんで去年はそんなエンジニアとしてのハコの中身を明確にしながら、外側もしっかり作れるような結果を残せたいい一年だった。(同様に反省点もいろいろ見れたが・・・)


そう思えたのは以下の3つの出来事から

  1. 大好きなインターネットの会社に内定を頂く
  2. Rettyで働いた
  3. その他様々なお仕事をさせて頂いた


1、大好きなインターネットの会社に内定を頂く


2年前に就活で膝から崩れ落ちるほど自分の無力さを感じて、エンジニアに魅力を感じて、プログラミングをがんばり始めて1年、2年、そんな僕でもがんばってインターネットの会社から内定を頂けました。
正直これからやっていけるか毎日不安で不安で、夜も眠れません。嘘です。


なんやかんやECがやりたくなる


そもそも大学4年の時に一人旅で西日本を一人でふらふらして、色んな街のお店とか商店街を見て、そこの人たちと話しているうちに

「こんないい物が売れてない、知られてないのはおかしい、というかもったいない」

と思い、これをインターネットで解決しなきゃと感じました。
それでもまだ自分は何も出来ないし、ビジネスも開発もビギナーなので、どっか大きいECの会社で勉強しながらこの問題を解決したい・・・

そう思って、ベンチャーからスタートアップから超大手まで、いろいろな会社のエンジニアさんとお話しさせてもらって、ECのできるとこにフォーカスしてエンジニアとしての成長だったり、グローバル、仕事内容、キャリアパス、有給消化率etc...を考えて、色んな事の総合点でファーストキャリアを決めました。

コレ!!って一個の理由は無いです。

「私はAの経験あって、Bと思ったんで、C社に行きます!」とか 言える人はすごい。
挫折して、乗り越えた経験がある人はすごい。
自分のやりたい事の決まってる人はずごい。

後悔はしてる部分もあるし、ここでよかったと思う事もあるし、やっぱエンジニア向いてないしブラジルでコーヒー農園でも経営しようかと思う事も多々あります。

それでも今は決断の責任を取るために毎日勉強して、4ヶ月後に備える事が一番優先度高いと思うので色々がんばります。


2、Rettyで働く

実名性グルメサービスRettyで働きました。退職しました。

Rettyグルメ[レッティ]





iOSエンジニア兼Androidエンジニア兼PHPエンジニア兼フロントエンジニア兼ログサーバエンジニア兼大盛り担当でインターンさせていただきました。
7ヶ月ほどのインターンで 、いろいろな事をやらせていただきました。

技術的な部分で色々追いつくために勉強したり、挑戦したりで、毎日がエブリデイ、楽しくてしゃーなかったです。本当に学ぶ事の多い毎日で「八丁堀(オフィス)に行くだけで成長が出来る」と錯覚するほどでした。

研究との両立ができなかったり、他の仕事もあったりでなかなか絞り込んで仕事できなくて、フルコミット出来てたらどんなに幸せだったか・・・でもこんな風にマルチタスクで仕事をするとこんなかんじで、それならどうすればうまくいくのか? なんかを毎日考えてました。

スタートアップの現場ってやつはほんとにエキサイティングで、カジュアルで、熱気あふれるもので、エンジニアとして「全力疾走」できる環境だと思いました。
無駄なプロセスなんてない、常に追い風感じててTMの西川アニキもなんのそのでした。

ぼくはそんなに地頭がいい方ではないので、体験を参考に解決の糸口を見つけがちなのですが、それに必要になる体験を社会に出る前に手に入れられてよかった。

ここでの経験と、ここで学んだ事を持って自分はエンジニアだと今胸を張って言える気がする。

他にも何社かインターンに御邪魔させて頂いていて、他でもおおむね同じような事が言える。でも2013年は間違いなくRetty年。


3、 その他様々なお仕事をさせて頂いた


アプリの仕事から、ハッカソンから、そこから発展したプロジェクトでMA9に出たりとか、ビジコンに出たりとか・・・
コレまでの人生でできなかったこと。これまでじゃいろいろなもの・スキルが足りな過ぎて出来なかった事に挑戦できました。

成果が残ったものもちょいちょいあって、そこから少しは成長に手応えを感じる事もあります。インターンで仕事をして手応えがある・成長できるのは当たり前だと思いましたが、
仕事以外の場所でもエンジニアとしてやってみることで自分のスキルがどんなものなのか、客観的評価をふまえて実践の中で確認できました。

承認欲求の高いぼくにはインターン先での成長+その他イベントでの成長の確認みたいな形がとても楽しかったです。

その一環でインタビューに答えたり、もう何でもやりました。

はじめて顔がGnousyに載った記事

はてブとGnousyに自分の顔が載るという貴重な経験ができました。
意外と反響がよくて、メディアとエンジニアの関係とかこれを機に考えたり
お話を伺う事ができました。


2013 → 2014

インターンを何ヶ月もしていたのもあり、あっという間の1年でした。
自分の価値を仕事なりメディなり酒の席なりで表現して、人にリアクションを貰ったことで自分のダメなところが毎日のようにでてきて必死で潰してきましたが


  • 正しく評価される事を恐れる事
  • 人との関係を大事にして把握する事
  • 振り返りの体勢ができてない
  • etc...

まだいろいろと自分のなかの課題があります。
あと修論もやばいし、スタートから全力疾走しないと間に合わないカンジがばりばりですので、せっかく作った勢いを止めずにこのまま駆け抜けます。

こんなかんじで2013年を乗り越えてやっとエンジニアと名乗れる自信がつきました。
改めてよろしく御願いいたします。\\\٩( 'ω' )و ///








0 件のコメント:

コメントを投稿

ShareThis