2014年1月29日水曜日

ノスタルジック・フレンチトースト

今朝は珍しく母が朝からフレンチトーストなんて作ってくれちゃって、
メイプルシロップでひたひたにして牛乳飲みながら食べたんだ。
「どうしたの?ご機嫌じゃん」と母に尋ねたところ冷蔵庫がスッキリして
ご機嫌との事、なるほど。と納得し牛乳を飲み干し家を出た。


通勤快速電車に乗りこみ、人大杉〜どひ〜とか思っていたら
「ゴロゴロズッキュイーン!!」的な音とともにお腹に違和感。


「あぁ、神様」無心論者の僕ですが、事ときばかりは熱心なキリシタンです。
来ました腹痛。僕お腹弱いんですよ、188cmもあるのに冷え性のうえ内蔵弱いんです。


電車が出たばかりで次の駅まで15分・・・いつもならたいした時間じゃないけど
この時ばかりは永遠(とわ)に思えた。冷や汗流しながら必死に気を紛らわせて20回目の祈りを終え来世は善行を尽くすと約束したあたりで、無事トイレにチェックイン、結構余裕だった。


日頃の行いがいいからだなぁと思った、でも原因はなんだろう・・・
答えは明白だった。

フレンチやッ!!



仕事を終え鬼の形相で帰宅。
母氏「もったいなかったから、息子に処分させた」と供述。
「次回からは勘弁してちょ、朝はやっぱり和食だね」と母に言いました。

でも明日から一人暮らしでもう、朝食を親と食べる事も減るなーとか
思ってたら、ちょっとセンチメンタルな気分になったよ。

まだ引っ越しの準備何もしてないし、新居にはベッドと雑草みたいな色したラグと、
ハイネケン1箱しか届かないんだ。どうしよう・・・

こんな記事書いてる場合じゃねえぇ修論書こう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ShareThis