2014年2月26日水曜日

ヤフー株式会社 vs クラスメソッド「iOS 炎の7番勝負」で話してきました

【iOS勉強会】ヤフー vs クラスメソッド「iOS 炎の7番勝負」を開催します(ビアバッシュ形式会費制) | Developers.IO




これでiBeaconについて発表してきました!
初LTで超緊張しましたが、なんとか話しきる事ができました。

先輩とか、知り合いの方とか色んな人が見に来てくれて、自分としてもけっこうがんばって調べてプラグインもちょこちょこ書いてみたんですが、結果はクラスメソッドさんの勝ちでしたorz...超悔しい

今回のプレゼンのミッション

今回は勝ち負けのはっきりしたLTで、他には無い珍しい形式!
300人の前で何喋りゃええねん・・・
勝負とかプレッシャーですわ・・・
もう最悪乱闘で、拳で勝ちを取りにいこうと夜な夜な家でスパーリングしてました。

しかし、内定者程度の戦闘力でモノ本のエンジニアの先輩方の足を引っ張らないには
どうしたらええんや!!
 と最初は思ってたんですが目的とすべきはそこじゃない、
開発において市場を見てユーザーさんを見ないようなもんでした、
見るべきは「iBeaconの未来」ということで、「ひょっとしてiBeaconってなんか面白い?」 と思ってもらえるように全力を尽くしました。

なのでまず、興味を持ってもらうために事例のボリュームを大きくして、
どんなことができるものか?リスナーに考えてもらえるような構成にしました。

またテクノロジな話として、jaもといnodeを使ったbleaconによる発受信機の紹介など、
ミドル以下のGeek層に楽しんでもらえるようなプレゼンを作りました。
 
そんなことを考えながら作った結果が以下スライドです。





そんな目的のなか作ったのが上記スライド。

対してクラスメソッド荒川君は以下



iBeaconの導入事例として、
MLB application
swirl
happybeacon

を話しました。特に注目しているswirlの話はもうちょっと深く掘り下げたかったです、
iBeaconを使ったマーケティングプラットフォームは まだ出てなかったと思うので今後もチェックしていきたいです。

あとは主にプラグイン作ったよって話
jumbo-in-Jap/phonegap-ibeacon-plugin
RadiusNetworks / android-ibeacon-service
phonegapのiBeaconプラグインはAndroidしかなかったので、こちらも使ってくれれば
どちらのデバイスでも送信機能を使えます。

対して荒川君のスライドは実際のケースにそって作られたiBeacon開発の現場において
必要なコンセンサスだったり、前提知識だったりがすごくわかりやすくまとまってた!同い年でこのしっかり具合はヤヴァイなぁ、ちゃんとしなきゃなあと考えさせられた。。。

感想

入社前から社内のイケてるエンジニアの皆さんと同じステージで闘わせてもらって
色んなことを学べました。プレゼン・開発思想・エンジニアマインド・キャリア・技術・・・上げればきりがないですけどやってよかったです!!

敗因としてはプレゼンのミッション設定があやふやで本質的に伝えたい事と内容が
一貫していなくて、内容も事例調べるとか逃げに走ってたところかなぁ
あと質疑でけっこう開発者目線よりサービス提供社目線での意見を頂いたので、
そういった層がリスナーのボリュームゾーンだと理解して、
もっとiBeaconのもつベースの技術、ロジック、アーキテクチャを話してから繋げるべきだった・・・

でもめちゃくちゃ楽しかった!やっぱ人前で話すのは楽しいですね、
バンドマン時代の血が騒ぎました(*u*
今後はどんどんLTとかおしゃべりしていきたいです

0 件のコメント:

コメントを投稿

ShareThis